input type=image : 画像ボタン

カテゴリ

説明

画像の送信ボタン。 name属性の指定がある場合、仮にname=hogeとするとhoge.x=12&hoge.y=34のようにクリックした座標の情報が送信時に付与される。 name属性の指定が無い場合、x=12&y=34のようにクリックした座標の情報が送信時に付与される。 クリック座標情報は左上を起点とするCSSピクセル(Retinaとかppiをいい感じに考慮した値)。

属性 属性値の見方

alt[文字列]
代替テキスト。
formaction  new[URL]edgeie
フォームデータの送信先
formenctype  new[列挙型]chromeoperasafariiosandroidedgeie
フォームデータの送信時エンコード種別。application/x-www-form-urlencodedmultipart/form-datatext/plain。デフォルトはapplication/x-www-form-urlencodedinput type=fileを利用してファイルをアップロードする場合はmultipart/form-dataを指定する。
formmethod  newget|post|dialogfirefoxedgeiesafariios
HTTPメソッドを指定。初期値はget。HTML5でdialogが追加された。これはサブミット時にフォームが含まれているdialogを閉じる事を意味する。
formnovalidate  new(真偽値)edgeie
指定するとフォーム値を検証しない。つまり指定しない場合は検証されるが、開発者ツールを用いる等して検証をスルーする事ができるので、サーバー側で検証しなくて良いとはならないので注意。提出可能なフォーム部品にformnovalidate属性の指定があった場合、提出時に上書きされる。
formtarget  new[ウィンドウ名]edgeie
送信結果を開くウィンドウを指定。
height  new[正の整数]|0
src  必須[URL]
画像リソースのURL
width  new[正の整数]|0
autofocus  new(真偽値)ie
ページロード時、ダイアログ表示時に自動でその要素にフォーカスする。
disabled(真偽値)
そのフィールドを無効にする。値も送信されない。類似の属性にreadonlyがあるが、こちらは編集はできないが選択でき、値も送信される。
form  new[ID]ie
関連付けるformのid属性の値を指定(name属性ではなく)。無い場合は親になっているform要素に関連付けられる。
name[文字列]
そのフィールドの名前。name属性とvalue属性のペアでサーバーに送信される。
type  変更[列挙型]
デフォルトはtext
  • hidden: 隠しフィールド。固定値を送信したい場合に利用。
  • text: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • search new: 検索フィールドかコンボボックス。
  • tel new: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • url new: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • email new: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • password: ブラインドされたテキスト入力欄。
  • date new: 日付コントロール。
  • month new: 月コントロール。
  • week new: 週コントロール。
  • time new: 時間コントロール。
  • datetime-local new: 日時コントロール。
  • number new: テキスト入力欄かコンボボックスかスピナー。
  • range new: スライダーかそれに類似のコントロール。
  • color new: カラーピッカー。
  • checkbox: チェックボックス。
  • radio: ラジオボタン。
  • file: ファイルアップロードフォーム。
  • submit: 送信ボタン。
  • image: 画像ボタン。
  • reset: リセットボタン。関連付けられたリセット可能なフォーム部品がリセットされる。
  • button: 何の変哲もないボタン。