input type=range  new : スライダー

カテゴリ

デモ

<input type="range" min="-100" max="100" value="0" step="10" name="power" list="powers">
<datalist id="powers">
 <option value="0">
 <option value="-30">
 <option value="30">
 <option value="++50">
</datalist>

<input type="range" name="a" list="a-values">
<datalist id="a-values">
 <option value="10" label="Low">
 <option value="90" label="High">
</datalist>
↑この領域は編集できます(シンタックスハイライトは同期しません)。

属性 属性値の見方

autocompleteon|off|[オートフィル]
オートコンプリートの有効/無効。デフォルトon
list[ID]chromeoperafirefoxedgeiesafariiosandroid
サジェストする値の一覧を示すdatalistのIDを指定。 指定した値の場所にマークが付く。ラベルを指定した場合、そのマークのところにラベルに指定した文字が表示される。
max[数値]
min[数値]
step[正の数値]|any
1.5の場合は0、1.5、3といった具合にステップを刻む。間の値、例えば1.2は妥当でないとみなされる。anyは未設定と同様で、ステップを設定しない。
value[数値]
指定した値は初期値として利用される。ユーザーの入力に応じて値が変化する。フォーム送信時にname属性とvalue属性のペアでサーバーに送信される。
autofocus  new(真偽値)ie
ページロード時、ダイアログ表示時に自動でその要素にフォーカスする。
disabled(真偽値)
そのフィールドを無効にする。値も送信されない。類似の属性にreadonlyがあるが、こちらは編集はできないが選択でき、値も送信される。
form  new[ID]ie
関連付けるformのid属性の値を指定(name属性ではなく)。無い場合は親になっているform要素に関連付けられる。
name[文字列]
そのフィールドの名前。name属性とvalue属性のペアでサーバーに送信される。
type  変更[列挙型]
デフォルトはtext
  • hidden: 隠しフィールド。固定値を送信したい場合に利用。
  • text: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • search new: 検索フィールドかコンボボックス。
  • tel new: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • url new: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • email new: テキスト入力欄かコンボボックス。
  • password: ブラインドされたテキスト入力欄。
  • date new: 日付コントロール。
  • month new: 月コントロール。
  • week new: 週コントロール。
  • time new: 時間コントロール。
  • datetime-local new: 日時コントロール。
  • number new: テキスト入力欄かコンボボックスかスピナー。
  • range new: スライダーかそれに類似のコントロール。
  • color new: カラーピッカー。
  • checkbox: チェックボックス。
  • radio: ラジオボタン。
  • file: ファイルアップロードフォーム。
  • submit: 送信ボタン。
  • image: 画像ボタン。
  • reset: リセットボタン。関連付けられたリセット可能なフォーム部品がリセットされる。
  • button: 何の変哲もないボタン。