HTMLとは

HTMLとは

ハイパーにテキストをマークアップできるランゲージ。 aを使って文書同士をハイパーにリンクする(hyper reference)。

HTML5とは

ハイパーにテキストをマークアップできるランゲージのバージョン5。

広義のHTML5と狭義のHTML5

「え?広いとか狭いとかどういう事?」ってなるかも知れない。

狭い意味の(狭義の)HTML5は、今まで通りのハイパーなテキストをマークアップするランゲージで、このリファレンスの範囲内。

広い意味の(広義の)HTML5は、もっと凄そうな奴。位置情報とか通信周りとかCSSとかも含んだやつ。どうだ凄そうだろう。詳しいHTML5の範囲はダサいロゴのページを見てくれ。

HTML4とHTML5の違いは?

つまり、全体で見ると大改訂された。

HTML Living Standardとは

だいたいブラウザの実情に沿ったHTMLの仕様。 ブラウザを作ってる人たちで作ったWHATWGという団体が作っている。特定のブラウザのオレ仕様もちょくちょく混ざっている。

HTMLの仕様を策定している団体であるW3Cが策定した勧告仕様ではないんだけど、ブラウザベンダが作っている仕様だけあって、今はこちらをもとにブラウザの実装が進んでいる。 以下のような更新頻度になっている。

(Living Standardの) GitHubLiving StandardW3C Spec

W3C「HTMLは意味的なマークアップなので、アプリケーション的な要素はちょっと...」
ブラウザの中の人「そうなんだ、じゃあ私Living Standard作るね」
という話があったとか無かったとか。そんなわけで、今後Living StandardとW3Cの仕様書がズレていかないか、ハラハラドキドキしながらみんな見守っている[要出典]。